地域の新しい価値を生み出す新商品リリース!ホヤのアヒージョ、醤油麹漬け など【5月〜7月活動報告】

協力隊ミッションの達成に向けて貢献した主な成果を教えてください

売り上げ拡大と、通年を通した商品の提供のため、新商品であるホヤの醤油麹煮・アヒージョを商品化しました。
以前からメンバー内でホヤをアヒージョにしたいとの案があり試作を重ねて商品化決定、始めは醤油麹煮の方は商品化する予定はなかったのですが既に販売されているタコ・カキは両方出ているのでホヤも両方売り出そうという事になりました。
実際試作してみても美味しかったです。パッケージデザイン・作成は外注。現在の取引先にもホヤの商品化を伝えていたが楽しみにしていたようでした。食関係の専門家何名かに試食して頂いたが感想はかなり良かったです。
すでにさんさん商店街や観光協会を中心に販売を開始しています。

 

IMG_3593

 

また、製造マニュアル・商品カルテを作成しました。タコ・カキのマニュアル、カルテは作成済でしたが専門家のアドバイスを受けて加筆・修正、ホヤシリーズに関しては始めから指摘事項を盛り込んで作成。栄養成分表示や原材料表示などもアドバイスに従って計算しました。

 

IMG_1091

製造前のミーティングと月1会議を定例化しました。これまでは集まったら早速作業、という形でなかなか大事なことを話し合う場がなかったので、作業前に当日の確認事項を共有する為にミーティングを設ける事を提案したところ、皆賛成してくれました。会議も必要との認識をメンバー内で共有出来、このときは上下関係なく言いたい事を言って良いという事になりました。

 

IMG_3634

材料の調達に関して、ニンニクと青南蛮の調達には以前から頭を悩ましていたので地元または近場から直接仕入れる事が出来ないかずっと考えていたんです。

ニンニク数十個は地元入谷で作っていらっしゃる方に直接交渉して仕入れ、その他阿部さんや農工房の阿部博之さん、会長の小山さん経由で登米市や仙台などの農家さんから安価で直接仕入れる事が出来ました。青南蛮も農工房で作られたものを大量に購入する事ができ、全て冷凍保存して少しずつ使っています。

IMG_3816

 

3ヶ月を振り返って事業としての変化、自分自身の成長はどうだったか教えてください。

<事業としての変化>

缶詰販売を開始した4月当初は製造は手探りの域からまだ完全に抜け出せていなかったんですが、売れてきた事により、よりいい物をたくさん作ろうという意識がお母さん達にも芽生えてきました。

自分自信を含め各自より効率良く作業をこなし、自身の手があいた時などは進んで他の人の仕事を手伝ったり、缶詰製造に関して各自より良い方法を見つけて実践出来るようになりました。

マスコミで取り上げられた事もあり5、6月は売上が増えました。
ニンニクや青南蛮といった原料も近場の農家から安価で直接仕入れる事が出来るようになった。

山内さんの助けも借り缶詰の原価計算をする事ができ、原価を抑え値上げも含めて缶詰の利益を出して行く事が今後の課題だと認識できた。

<自分自身の成長>

5月くらいまではお母さん達にどう自分の意見を伝えて良いのか分からずちょっと落ち込んでいたんですが、缶詰製造時は早めに来て下準備したり販売チャンネルを増やしたり、休みの日にも納品に行くなどしたためか、次第に自分の意見や指摘を受け入れてくれるようになりました。逆に私の負担を減らそうと率先して助けてくれるようになったんです。

缶詰が売れてきた事が何より大きな要因であると思いますが、自分を信用して信頼してくれるようになってくれたのかな、とも思う。その結果チームワークがとても良くなりまとめやすくなりました。どんなに小さな事でも会長やメンバーの皆に報告する事により信頼を得る事が出来たように思います。

どんな事でもみんなで分かち合うことが大切だと実感、まず自分で考えてお母さん達に相談し実行することがうまくいく秘訣だと思いました。

秋からの課題も見えてきたので良かったと思う。これからも頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です